お客様の声 TOPページ
 
  会員サービス(輸出いちば) | 無料ノウハウ |商品・サービス |お客さまの声 |会社概要 | アクセス | リクルート| 藤沢の洗車場きゃめる | リンク集 |
お客様からの 声TOPトップページ

弊社完全会員制サービス「輸出いちば」の会員様ならびにセミナーにご参加頂いたお客様
及びコンテンツをご購入頂いたお客様の声を紹介させて頂きます









 

 輸出いちば会員様へ「輸出いちば」についてインタビューをしました。
 動画になっております。視聴ご希望のかたの写真をクリックしてください。

                                                       ※順不同





 

 


 輸出いちば会員様へ「輸出いちば」についてインタビューをしました。
                                                               ※順不同
 【静岡県】 カースタ/(株)田 中石油店 田中 健之様 【SS 店、中古車小売り・買取り業】
 
−輸出いちばに入会いただ いた理由を教えてください。

規模の大きい海外のマーケットに非常に興味がありました。また、国内で0円評価の車の販路が欲しかったからです

−他社との違いは?
他社はノウハウ提供のみやシステム導入のみ。「輸出いちば」は入出金、書類代行業務や経験に基づく個車ごとの細かいアドバイスをしてくれる

- ノウハウで良いと思うところは?

どこの国にどういう車が今出ているというリアルタイム情報や本当なら隠しておきたい経験に基づく実践的なノウハウを提供してくれるのは輸出いちばしかない と思います(普通隠すと思う)また、いいことだけでなくリスクもちゃんと教えてくれる。リスクをちゃんと説明してくれるのは輸出いちばのみ

-情報として、参考になっているものは?

輸出車種情報、個別の細かいアドバイス(ハンドルの位置/色/エンジンの色/ワゴンよりバンなどなど)

-他に独自の情報ルートをもっていますか?

いえ、ありません

-参加して、得になった、勉強になったことがあれば、教えてください
・古い車なら何でも売れる訳ではないこと。
・逆にはまる車なら距離とびでも高く売れること
・規制や円相場によって情勢が大きく変わること

- オークションと比較していかがですか?

・車両一台当たりのコストを削減できる(出品料や陸送費カット)
・すべて信頼のおけるバイヤーばかりなので安心して売れる
・良好な車両を提供できればリピーターバイヤーが付いてくれる

- こんなのがあったらいいな、というリクエストは?

・バイヤーからの要望車両はメールで送ってもらうが、それががサイト上で掲載されていたら便利ですね。※欲しい車の年式、車種、型式、予算の掲載
・イベント開催 
※出品側にも落札側にもメリットのあるイベントをやってほしい
例)今月5台落札したら福井の地酒プレゼント/10台出品して3台落札されたら○
○がもらえるなど

- 輸出いちばで販売/登録する時の注意点があれば教えてください

写真の精度と枚数です。白い車のときは地面に水を撒いて白を引き立たせる。車以外の余計なものが映らないようにする。傷、へこみなどは特に細かく撮るよう にします。10枚必ず。あとは、すべて正直に記載することです。仕切り金額はAA相場より気持ち安めを意識しています。AAと比較して陸送、出品料のコス トがかからないことは大きなメリットなので。

- 自社輸出されたことは?

ありません。

- 将来的な輸出願望は?

あります。
・輸出バイヤーは信用取引がメインだということ→息の長いおつきあいができるから
・市場の大きさはやはり魅力です。
※規制などにより輸出国に変化はあるがその分違う国という選択肢も豊富にある
・世界を相手に商売をしている=インターナショナルカンパニー←いい響き=仕事へのやりがいと企業信用力UP!

- AAと輸出いちばの違いは何だと思いますか?

・輸送コスト、出品成約コストが少ししかかからない(台当り粗利のUP)
・信用(信頼のおけるバイヤーなので安心)
・リピート(いい車と真摯な取引で自社車両のリピート率が上がる)
・自社に置いたまま販売できる(画像販売)

- 輸出業者にも販売していますか?

していない

- 中古車業界のいいところ、悪いところは?

(いいところ)
・1台の売買における直接的利益が大きい(1台当り10万以上)
・1台の売買における間接的収益も大きい(保険、車検、修理、整備、クリーニング)
・お客様と密に取引できるため、リピート率が高い
・市場規模が大きい(国内、海外ともに)
・いろいろな車を見たり触ったりすることができる
・まだまだ成長後期の業界なので新たなビジネスの可能性がある
※車内クリーニングシステムの確立/カ?シェアリング/各種代行業など

(悪いところ)
・イメージが悪い(あやしい/元不良/変な外人との癒着/挨拶ができない/身だしなみがなってない/汚い/だまされそう)
・競合が多い(ディーラー、買取店、中古車店、モータース、SS、個人売買、ヤフオクなど)
・景気に左右されやすい(円高、不況)特に今は。

- 異業種からの参入についてどう思います?

実は、SSからの車販参入を推進する活動を「☆車販売のカースタ☆」という名前でやっています。
現在の資産(人(お客様/スタッフ)、物(設備/立地))がそのまま生かせるうえに現状の事業とのシナジー効果が大きく期待できます。
しかしシステム導入すれば成功できるほど甘くはない。競合他社も多いです。
プロとしてお客様に接する自覚(誠実さ、知識、ヒアリング、提案、お客様への想い)があって初めてシステムが生き、商売になることを肝に銘じないと絶対に 失敗します。
SSこそ中古車業界の「コンビニ」になると思っています。

- AA(業者オートオークション)と輸出いちばの違いについて教えて下さい。

今まではお客様から仕入れた車は業者オークションに出品するようにしてました。
オークションは確かにセリなので相場以上に跳ね上がって大きく利益がとれることもありますが、逆に相場までいかず、再出品を繰り返し、損切りすることもあ ります。
特に最近は円高の影響や国内消費の低迷で相場が非常に読みづらくなっています。先週まで100万近辺で取引されていた車が今週は70万位までしか入らない ということも増えてきました。

その点輸出いちばは仕切金額をこちらで決めることができ、利益計算が早くできるというのは大きなメリットです。
しかもこちらの仕切りが高ければ、土岡さん(&事務局スタッフさん)がバイヤーとこちらとの交渉のかけ橋をしてくれる。そうすることで多少仕切金額を下げ てもその場で利益が確定できるのです。
オークションであれば多少でも金額が合わなければ「流札」になり、「再出品」になる。そうするとまた次の週には相場が下がり売りにくくなる、さらには再出 品料もかかるのでコストもかさんでくる、という悪循環が輸出いちばであれば解消できます。

オークションに出すことで、1台で「大きく儲かった」、「損した」ではなく、1台当りの利益幅は減ったとしても1か月トータルで安定して利益を確保できる というのは当店にとってありがたいですし「輸出いちば」の強みだと思います。

-ありがとうございました。

カースタ/(株)田中石油店
田中 健之 様
※取材協力カスタマワイズ

 【東京都】  (株)日本流通機構 犬伏 秀一様 【中古車買取り業】
 
-輸出いちばでの初取引ありがとうございます。

オークションと比べて、輸出いちばに出品する場合は、真剣さが違いますね。まず出品票。AAの場合は、会場 の検査員が勝手に査定してくれるので気楽です。が、輸出市場は、当方が記入しなければいけません。責任重大で、見る目が違ってきます。

また、商談成立後も、いままでは、結婚紹介所に娘を預けたような感じでしたが、今回は、直接自分の家から嫁に出す感覚で、磨きにも力が入ります。「どこに 行くのだろうか?頑張って来いよ」と。

最近はAAがタマ不足で、弊社は2ケ月間出品車成約率100%です!輸出いちば、販路が増えたと思って、とのお言葉どおりと思っています。今後ともよろし くお願いいたします。


-ありがとうございました。

(株)日本流通機構
犬伏 秀一様

 【三重県】 (株)マック 前川 政輝様 【販売店(新車・中古)・買取り 専門店、計2店舗
 
-関節輸出(=輸出いちば)のいいところを教えてください。

1 単純にオークションで売る場合に比べ、なんとなく外国人の意向や趣向を感じることができる。これはついてるかとか、ここはどんな感じだとか質問が来る のでオークション成約→輸出抹消ほど無機質感がありません。

2、オークションに比べ陸送などの手配は無く、在庫登録するだけ。釣り糸を垂れてあとはほったらかして食いつくのを待つ感じです。

3、販売の窓口を安価に増やすことができる。ネット、雑誌などもやっていますがそれと比べるとコストは低いといえます。

4、いまどこの国でどんなオーダーがあるのかどんな車が売れたかメールがくる。「アフリカでこの車が人気なんですよ?」などと輸出向けの車の買取をする際 に説得力あるトークのネタになります。」

-ありがとうございました。

株式会社マック
 【販売店(新車・中古)・買取り専門店、計2店舗】
前川 政輝様

 【愛知県】  ナッツ・オートトレード 夏目 勝雄 様  【新規→中古車売買・輸出業】

-夏目さまの場合、まったくの異業種からの参入ということですが、 その際にいろいろノウハウを探されたと思うのですが、弊社以外で、 良さげなものはありましたか?

最初は、○○○の説明会に参加して良さそうに思いましたが、あまりに熱心な勧誘だったので、ちょっと引いてしまいました。会員をたくさん募って、会員の売 り上げアップを図るより、月○万円という会費を集めるのがねらいのように映ります。

-どういう基準で弊社を採用してもらいましたか?

第一に、社長さんの顔が見える、そして人柄がわかるところから信頼感がもてます。次に、セミナーのお話を聞いて、「輸出の実績もあるし、社員の印象もいい し、(当然ですが)実務にも詳しいし、この会社ならパートナーになりたい」と思った次第です。さらに、三点目として会費が、とってもリーズナブルです。

-新規参入として、ノウハウ獲得で何を気をつけましたか? 失敗したこと は?

ノウハウの点では、どういう手順で輸出し、国ごとにどんな規制があるのか、事前に勉強する必要があると思っていましたので、 書籍やDVDを研究しました。またジェトロの情報なども参考にしています。

どういう車が売れ筋か、どういうのが売りやすいか、というのは参入するまで知りませんでしたね。
失敗といえば、売却を頼まれた車が、自動車税非課税車(それを私は知らず)だったのですが、所有者は 1台しか非課税にできないので、新しく車を購入した場合には、前の車は、1ヶ月以内に廃車にするか名義変更しなくてはなりません。

それを知らなかった私は、時間切れでその車を(相場以上で)引き取るはめになってしまいました。 結局引き取り額では売れませんでした。対象車の素性をしっかり調べることの大切さを学びました。 情報について(海外オーダー、規制など)について海外オーダー情報は、 とても参考になります。規制の情報もとても重要だと思います。ウガンダで○○○○が必要とか、 一般にはなかなか情報を得るのはむずかしいと感じます。

-夏目さん自身がいろいろ情報を得るためにどのような行動をしましたか? どういう悩みがありましたか?失敗、成功なども

仕入れ情報が最重要ですね。まず仕入れがなければ始まりませんが、 業者オークションでの仕入れは、一般的に多くの競合がやっていますので、この段階で差をつけるのは難しい。 そこで、もっぱら個人客(ユーザー)や企業を対象に、地道に営業していますが、 よく来るらしい怪しい外人(?)の一派と間違えられることも・・・。そこで、顔見知りの地元密着に営業転換してます。 最近は、営業せずに済んでしかも、安定的な仕入れをめざして、あるところからの下取り車の一括仕入れを交渉しています。 相手は手ごわいのですが、諦めずにあたっています。成功率50%?というところでしょうか。まだ結果出てません。

-間接輸出に対して、どういう点に気をつけているか、自分で輸出するのと 何が違うのか?自分で国内で売るのと比べて何が違うのか?いいとこ、悪いところなどを教えてください。

直接輸出は、言葉以外にも代金回収やinvoice、CIFなどハードルが高いのですが、 間接では、中に1社入ることで、それらのハードルがぐっと低くなります。 自分で輸出する場合は、相手との交渉から船積みまで自社でやらなくてはなりませんが、 間接の場合はウインドゥに並べるだけです。自社では販売フロアのディスプレーまでやれば、 あとはプロの販売員さんが、接客から販売、包装までやってくれる、というイメージです。 自分で輸出するのと違う点では、推測になりますが、自社で売る場合、相手との交渉は自社ですので、 該当する在庫車の情報には詳しいわけですから、より大胆に売り込めるということもあるかもしれません。

国内とどう違うか、ということですが、国内の場合は(中古車ですからあって当たり前の) 小さなキズや凹みを過大に気にする人が多いという点が違うと思いますね。その点、海外は売りやすいように思います。

またもし輸出業者が知り合いでいれば、そこに売るのも間接輸出です。そういうことやったことあるか、ないか、どうやってやってみましたか?

廃車にするしかないような車でも買い取る業者がいますね。そこに売ったこともありますが、 そういう業者は、オークションにも出入りしていますから、そういうところに出かけて行ってナンパして、お茶飲んで知人になります。

あとは、オークション販売とくらべて間接輸出はどうちがうか、いいとこ、わるいところなど オークションでは、価格的な感触や人気度がつかめますが、間接輸出では、価格的に高いのか、 どのくらいのアクセスがあったのか、わからないというところが悪いところでしょうか。次の作戦に生かせない、ということですね。

-夏目さんにとって、クルマ業界自体の魅力とか、どうしてクルマ業界を考 えたのか、とか客観的にみて、 業界の現状とか、将来をどうみてるのか?など教えてください。

中古車販売業とか中古車を扱う仕事をしている業界は、昔から存の業界なので、 体質改善が進んでいないように思いますね。中古車販売店を回ると、 サラリーマンならリタイヤしたような年配のおじさんが、 パソコンもない事務所にいたりもします。それに、小さな店ほどチェンジや拡大には関心がないみたい・・。
南アフリカに行ったとき、日本製の恐ろしく古い車が走り回っていましたので、 「こんな車なら廃車置場に一杯あるから、ビジネスになるんじゃないか」と思ったのと、 それ以前から情報として、日本では安い中古車が、ビックリするような値段で海外で売られていると 言うことを聞いていました。それに、いつか起業したいと考えていましたしね。

これがクルマ業界を考えたきっかけですが、それ以外にも、私自身がかなりのクルマ好きということもあるかもしれません。 国内の中古車市場は、縮小傾向ですが、海外市場は大きく伸びていますし、日本車の需要が近未来で減少するとは思いませんので、 まだまだ取り組み方次第で、業績を伸ばせる業界だと考えています。今後は、中国やインドなどのクルマの品質と価格が、 日本車に太刀打ちできる水準になるまでは、まだまだ伸びるのではないでしょうか。

-ありがとうございました。

ナッツ・オートトレード
夏目 勝雄様

【熊本県】佐々木車輌整備工場 佐々木 慎也様 【自動車整備業】
 
-輸出いちばにご入会いただいたきっかけを教えてください?他社と何が違いましたか?


現在より利益を上げたいからです。
御社にお世話になる前自動車整備工場をしながらガソリンスタンドをしていたのですが、ガソリンスタンドの設備老朽化を機にガソリンスタンドを廃業したた め、ガソリンスタンドで出ていた利益を何らかで補わなくては事業継続ができないと思い、自動車の販売にさらに力をいれよう と思った時に海外まで市場がひろがれば今後楽しみだと思ったからです。

-弊社が良さそうだと思ったのはなぜ?

あやしいFAXが好きでした(笑)

-ノウハウ獲得で気をつけたことは?失敗したことは?

いかに車を安く仕入れるか。そのルート。

-会員向け輸出の基本ノウハウで参考になったものは?

NZ下回り錆に気をつける。多少走行距離が多くても大丈夫etc

-定期配信する情報は参考になっていますか?

参考になっています。自分の周りに情報に適合する車ないか気になります。

-輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか

解体屋さん。

-会員になって、特に勉強になった、参考になったということがあれば
海外に関してさらに興味が湧いてきた。

-オークションと比べての輸出いちばで売るメリット、デメリットは
オークションほど経費がかからない。輸出いちばに載っている車は相場より高い気がする。車の検索がし辛い

-輸出いちばで販売する、登録するとき、どういう点に気をつけているか
外装の傷などの評価の落ち、他の業者がいくら位で出してるか、同車種でかぶらないように祈ってます。

-自社輸出していない人へ→将来、自社輸出をしたいと思うか、どうか理由
自社輸出したいです。リスクも大きいと思いますが充実感を味わえそう。仕事で海外の雰囲気が感じられて楽しそう。

-輸出いちばとオークションでの違い、良いところ、悪いところ

オークションをあまり魅力的と思っていないので答えに困っていますが、輸出いちばの場合査定(評価)が個々バラバラなので査定の心配はあります。

-輸出業者へ業者販売をしてるか?してる場合輸出いちばとの違い(良い、 悪い)

付き合いのある解体屋さんが輸出もしてると思うのですが、輸出いちばでの相場より2、3万は安く値段つけます。

-中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いとこ ろ

良いとも悪いとも言えませんが、私は大半の業者は良い業者だと思っています。駆け引きはお互いありますけど、嘘ついて詐欺みたいなことはめったにないと思 います。

-異業種からのクルマ業界参入に対しての考え
参入される方がいらっしゃるということは、他業界から見てまだまだ魅力的な業界にみえるんだなと思っています。競争相手が増えると大変ですが自分の店が存 続し続ける店、淘汰される店の前者になるように努力する以外ないのかな。と思っています。

-ありがとうございました。

佐々木車輛整備工場
佐々木 慎也様

 【北海道】 ガレージファントム 神山 幸典様  【自動車整備・板金業】
 
-ご入会いただけたきっかけを教えてください

スカパーで○○○の番組を見まして中古車輸出に興味を持ち、できるだけ安く輸出に携わりたかった為。

-ノウハウで他社で良さそうなものはあったか?弊社が良さそうだと思った のはなぜ?

小冊子を見ておいしそうなビジネスだと思った。

-定期配信する情報は参考になっているか

1回か2回送られてきたFAXは興味深く見ています。参考にしています。

-輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか

完全に独学になってしまっています。北海道の私の周りには輸出に携わっている人はいません。

-オークションと比べての輸出いちばで売るメリット、デメリットは

掲載料が無料。

-輸出いちばの取引で「こういうサービスがあれば」などリクエストがあれ ば

掲載されている車の海外からのコンタクト件数を知りたい。

-自社輸出していない人へ→将来、自社輸出をしたいと思うか、どうか理由

自社輸出をしたいと思っています。私は板金塗装と並行してやっていきたいと思う。

-輸出いちばとオークションでの違い、良いところ、悪いところ

オークションと比べて平均的に高いと思う。良い点は写真の数が多いためお客に提案しやすい。

-中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いとこ ろ

私のイメージは輸出業者は愛想が悪く、なんとなく対応が悪い。業販に応じてくれない。業販のサイトがあれば知りたい。

-ありがとうございました。

ガレージファントム
神山 幸典様

 【福岡県】 ACC Trading Co. 下別府 洋様 【中古車売買・輸出業】

- 自動車輸出ビジネスをはじめたきっかけを教えてください。

サラリーマンを辞めて何がやれるか(起業出来るか)と模索中、”輸出ビジネス”を見つけました!それは私の周りに誰もやっている人がなかった為、チャンス と思ったのです、それに私は今まで車が好きで自動車関係の仕事をしていましたから車に関して自信がありました。
初めてオファーを行っていくとやっと取引でき、見たこともない相手との取引で入金確認そして船積み、初めての車を輸出しバイヤーから”ベストカー”とメー ルを戴き感激しました。これはとてもおもしろい商売と思っています!
・大手企業が参入しても上手くいくとは限らない為、対等でやりがいとチャンス有り!!



-輸出いちば(間接輸出)についての感想をお聞かせください

・私達にとって今はとても大切な手段であり方法です。
・バイヤーと交渉(英語)がいらない
・自分のペースで、できる点
・確実に現金取引できる事
・中古自動車に関連業種の新たな販売方法に出来る。
・とてもリスクが少ない!

-輸出ビジネスにおいて情報は大事ですが、何かコメントがあれば教えてく ださい

・情報は利益を生むもの、そして無駄をなくすもの!
・輸出ビジネスの正確な情報はその時に携わっていないとわかりにくい、また最後は正しい情報を発信していく会社が生き残る!
・このサイト(輸出いちば)にもっと多くの車両情報が掲載されれば海外バイヤーのブックマークが増え良いビジネスが発生するはずです!

-そもそもなぜ入会いただいたのか?他社と何が違うのか?

自分に合っている、本物であると思った。

-ノウハウで他社で良さそうなものはあったか?弊社が良さそうだ と思ったのはなぜ?

他社は現実的でない、輸出サポートだけでなく共同である事。

-ノウハウ獲得で気をつけたことは?失敗したことは?

他社でだまされた事があります

-定期配信する情報は参考になっているか

Yes、これをもとに輸出車両の価格をオークションで確認して買取のアイテムに登録する。

-輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか

ブッキングエージェント他 陸送会社 バイヤー他

-会員になって、何か得に勉強になった、参考になったということ があれば

自分の間違った情報を訂正出来た

-輸出いちばで販売する、登録するとき、どういう点に気をつけ ているか

通常以上にくるまのチェック

-自分で輸出している人は、自社輸出と比べての違い(良いとこ ろ、悪いところ
安心(して取引)できる

-輸出いちばとオークションでの違い、良いところ、悪いところ

オークション会場に車両を持ち込まなくてすむ事

-輸出業者へ業者販売をしてるか?してる場合輸出いちばとの違 い(悪い)

した事があるがいい加減な業者が多い

-輸出業者と取引がある場合、気をつけていること、失敗したことなど

必ず小口で支払いを回収する事

-中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いとこ ろ、悪いところ

最近特に国内の中古車販売不振が多くなっていると思います。

-異業種からのクルマ業界参入に対しての考えをお聞かせください。 

異業種賛成です、輸出いちばのサイト出品プライスがまだ中古車販売価格同様、価格が高いように思います、この輸出いちばはせっかく会員制ですので取引が適 正価格になり会員同士も必要なときに取引できるようになる事を願っています。

-ありがとうございました。

ACC Trading Co.
下別府 洋 様

 【茨城県】 アシストカー水戸 中川  稔様  【新規→小売り販売 店】
「自動車業界とはそこそこ付き合って来ましたが、販売業務が浅いものとして中古車輸出は更なる未知の世界でした。これまで浅いなりにも国内でポツポツと国 産車・外国車の注文を受けて、これから実績を積もうとしていた矢先の事でした。

 数十年前のオイルショックならぬ、つい最近のガソリンショックが訪れた時からですか、若い世代の車離れから始まり、新車販売不調、ディーラーの中古車販 売強化と更に輸出へ、と自動車業界に荒波がたちました。
 その波に、呑み込まれて消えて云った販売店が少なく無いはずです。身近にも、ブランド中古車買い取り店を2店舗閉店させたところもありました。
 
私は遊泳がヘタクソでしたので、丈夫な浮き輪にしがみついていた為おぼれずに済みました。
 すみません、冗談を入れました。

 そうこうしている時に株式会社 アクセル グループと出会い入会した訳です。
 某中古車販売促進チェーン店等に加盟もしていましたが、他と比較して業務アドバイス内容が違いました。

教材内容にしても素晴らしい実績に基づき、一からの実践教材とした分かりやすいものです。
 全世界とリアルタイムにつながり、過去の貴重な実績(お宝もの)からの海外情報網はすごいです。遭遇するであろう大きいハンデイを終了してくれていま す。
 後は教材で勉強して在庫登録するだけです。
 商談 ⇒ 契約 ⇒ 支払い(受取り)・・・トラブル等なども全て本部が代行です。更に、ステップアップも有ります。

「不景気待ってました!」と、どんな時代でも成功するツワモノは存在するものです。
☆中古車輸出なら(株)アクセル グループの中古車輸出網がお勧め。最後に、(株)アクセル グループの業務内容は真面目な「ブランド志向」です。」


-ノウハウに関してご意見をお願いします。

以前に加盟していた内の一つで○○○、いまだに中古車輸出に参加しませんか、と誘いがあります。
正直なところ利益率アップとして、一時考えた時もありました。しかし、毎回頂いている会員メールにより、ケガをせずに済んだみたいです。現在、我々のよう な起業者に対して差し伸べる手は優しくなって来ていますが、必要出費は大きいものがありました。この起業者を狙うハンター側に手を貸しそうに成った事もあ りました。

-在庫を選ぶ選出基準点があれば教えて下さい。

・まず、持続していく為にはローコスト維持と国内小売用の仕入れ先確保。(本来仕入れは一般オーナーからの買取りが理想ですが、以前に事故車買取りなどの 経験から、地域体質や他社加盟による仕入れ等で苦労がありました)

-失敗したことは?

・国内販売用仕入先のAAオークション出品情報が当方基準と違って失敗しました。

-中川さんは新規参入ですが、初めて知ったこと、勉強になったことなど?

1.知らなかった=受け入れ側(外国)の査定基準が日本より厳しい国が複数あるとは知らなかった。
2.よかったこと=輸出用教材で車両査定の認識アップ。

-情報収集について、どんなことを行っている?

行動 = 独立雑誌等で契約企業を探した。一時、国内の外人バイヤーへの接触も試みました。

-悩み・失敗・成功は?

以前参加していたFCは、契約料・維持費が高額で大変だった。突然消息不明になるバイヤーさんがいましたが、トラブルまでは至りませんでしたが。

-間接輸出について気をつけている点(在庫登録する上で)

1.査定内容の適格性。
2.販売価格の適格性。

-自分で輸出するのと違う点は何だと思いますか?

言葉・商談・トラブルが間接的。

-国内小売との相違点

良い点・・・間接的販売により大きいトラブルが無い。
悪い点・・・一台当たりの利益が以外と少ない。

-輸出業者の知り合い・どうやったか

過去に事故車集め(買取り)時に、黒人さん(アフリカ系)とたむろしていた外人さん(イラン人等)と少しお付き合いがありました。

会話の不自由も無く、普通のポンコツ車の取り引きでした。
*この辺りから順調に行く(ビジョン)はずでしたが・・・、リサイクル改正法の為か外人さんのポンコツストック場所(解体所)がつぎつぎと閉鎖されて行 き、一人消え二人消えと、音信不通になるのが相次ぎました。(国内のどこかには居るのかと思いますが、仕事には至らずでしょうか)

-オークション販売と間接輸出の違いは

AAいいこと・・・・・国内=取引き時間が短い。
輸出いいところ=国内のあまり在庫(売れない在庫)の対策になる。

-AA悪いところ・・・国内=費用が掛かり過ぎる。

輸出=商談時間が見えない。
              
-業界一般について、車業界の魅力

はじめは単純に一部の魅力(メカ・デザイン等)に引かれてですが、この業界はまず「発明(設計)」からはじまり「ビジネス戦略」「製造」「販売」(消費 者)「アフター(修理)部品・その他沢山の関連ビジネスが成り立つ訳ですが、今だから思うのでしょうがもう一度スタート地点に戻れたら全体を知ってみたい と・・・。経営業に目覚めたのか・・・、いやいや、凡人は凡人とだれかが言っていたな?。

-なぜこの業界か

一時は業界を離れてみましたが、車事態からは離れずにいましたし、運命・・・・・・・・・・。

-業界の状態

国内では世界のトヨタ、業界外でも赤字経営に成っていますが仕方ない事でしょう。ある評論家が数年前から内需拡大と声高々にうったえていた事を記憶してい ますが、消費が無ければものが売れないのは当然です。

したがって海外にとなるのですが、業界の輸出にはタマ(在庫)が必要です。前記の通り買取りもしましたが、買取り店・ディーラー・販売店などと競合しまし た。結果買取り価格が上がり、利益にひびてきます、大きく。ある地元のトヨタ中古車センターの従業員が、月に中古車が一台も売れなくても大丈夫と言ってい たと聞きましたが・・・・。

バブルの経験が無い世代は、皆さんマイペースに淡々と焦らずに実績を積んでいるようです。これが、業界の良い(健全)現状維持であり、将来的に明るい材料 で有ると私は思います。

おじさんは、引退・・・・・・。いんや、私とてまだまだ、一踏ん張り頑張りまっせ。

それでは、宜しくお願い致します。

-ありがとうございました。

アシストカー水戸
中川 稔様
 

【福井県】 オートサー ビスセンユー 友岡 弘和 様  【新規→小売り】
  オートサービスセンユー(福井)代表 友岡弘和様より 【新規→小売り】

こんにちは、私は福井県敦賀市の友岡と申します。昨年7月に大手の半官半民の大会社を円満定年退職しました。親戚が車の修理販売業をしており、若いときか ら単車、自動車を毎日のように生活の1部としてきました。時折外人バイヤーが出張でこられて車の話をしておりましたので車の輸出には少なからず興味を持っ ていました。退職してすぐ「古物商」の資格をとりました。

株式会社アクセルさんに入会した理由?
以前より車の輸出には興味があり、たまたま「地方紙の車の雑誌に中古車輸出」の記事があり色々調べている内に、株式会社アクセルさんを見つけ「輸出いち ば」に入会申込みをしました。他社と違うのは「輸出いちば」を通して「今よりもっと素晴らしい人間関係を取り戻そう」という趣旨です。長い間サラリーマン として何人もの部下を持たされ訳の解らない計算式と部下の指導のなかに、果たして素晴らしい人間関係などあったのかと思うと今でも疑問を持たざるを得ませ ん。

-ノウハウについて?

株式会社アクセルさんは入会してすぐ、メールで殆ど毎日のように辛い指導と速報情報が送信されて来て、その通りに中古車を登録すれば必ず成功するマニュア ルが完成していると思考します。

-ノウハウ獲得で気をつけたことは、参考になったことは?

全ての(輸出いちばから来る)メールをファイルし興味がある記事には付箋を付けて赤ペンでアンダーラインを引きいつでも再検索出来るよう保管してある。 「ほとんど重要な記事でいまではファイルの厚さが10cmを超えた」失敗したことは「ヤフーオークションでババをつかまされたことが数度ある」(それがげ んざいまで引きずってネックになっている)

-会員むけ輸出の基本ノウハウで参考になるものはあったか

大いにあった。書ききれない。

-定期配信する情報は参考 になっているか

なっている。書ききれない。

-輸出に関して他にどうのような情報を誰からもらっているか?

近くの東南アジアに支店を持つ車やさんと、月1回の回数で逢って話をしている。株式会社アクセルさんのこともよく知っている。「良いとも悪いとも言わない が」

-会員になって、何か得に勉強、参考になったということは

大いにある書ききれない。

-オークションと比べて「輸出いちば」で売るメリットは

なにも難しいことではないメールの情報どおりの車を登録すれば良い。

-「輸出いちば」での取引でのサービスは

車をメーカー別に登録していないのでメーカー別、車種別に登録してくれれば検索が楽になると思う。

-「輸出いちば」とオークションとの良いところ、悪いところ

(輸出いちば)販売登録さえ正確、まじめにすればよいところが気軽。
(オークション)落札時間(仕入れの場合)、金額、相場、陸送、などの確認と時間的なプレッシャーで気が抜けないし非常に疲れる。

輸出業者へ業者販売しているか→現在のところ該当なし。

-中古車業界一般、業界人について
私の知っている限りでは零細業者が多く話してもあまりためになる情報を流してくれないむしろ昔然として殻から抜けられないのでは。

-異業種からのクルマ業界参入に対して

現在の時代は昔のような○専手形もなくパソコン1台で素人さんがいとも簡単に中古車の売り買いをしており概して秩序が欠如しているように思われるので、ア クセルさんのような会社がこれからも発展したほうが良いと思考する。

-ありがとうございました。

オートサービスセンユー
友岡弘和様

 【新潟県】  (株)エブリィ 渡部 雄一郎 様 【輸出業】
 
-そもそもなぜ入会いただいたのか?他社と何が違うのか

・オークション以外からの仕入れが可能・商談が可能。
・在庫を持たずに海外にセールスできる

-輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか

・中古車輸出全般に関しては、JUMVEAから情報収集。
・それ以外に関しては、同業社とのコミュニケーションにより、情報収集。

-会員になって、何か得に勉強になった、参考になったということがあれば

・お宝車両の仕入れが効くようになった。

-オークションと比べての輸出いちばを利用して買うメリット、デメリット は

・写真が多い
・査定がきちんとしている
・手数料が安い
・商談が可能
・締切がないため、クライアントの交渉に時間をかけられる

-輸出いちばで商談する、購入するとき、どういう点に気をつけているか

・価格が相場より高くないかどうか、のみです。

-業者仕入れをしてるか?してる場合輸出いちばとの違い(良い、悪い)

・業者仕入れをしている。他社ではコンディションの悪い車両が中にはあるが、輸出いちばでは一切ない。

-業者と取引がある場合、気をつけていること、失敗したことなど

・コンディションが額面どおりかどうか?

-中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いとこ ろ

・「輸出業者です」と連絡すると煙たがる中古車屋さんが多い。同じ中古車という商品を扱っているのだから、色々と協力してウィンウィンの関係を築き、情報 収集もしていきたい。

-異業種からのクルマ業界参入に対しての考え

・どんどん参入すべきだと思う。クルマ業界の方たちのみだと、どうしても一定の考えに偏ってしまいがち。なところがあると思う。

-輸出ビジネス一般に対して、あなたの見解
・将来的にもまだまだ伸びると思う(未開拓の地域は山ほどあるから)。ただ、長期的な円高の影響は増えるような気がする。

-いま輸出で苦労していること、悩みなど

・急激な円の変動による為替差損。
・分割払いのクライアントへの対応。その間の資金立替。
・「払った」といって払っていないケースが多々ある。確実に入金されるまで数日かかる。

-ありがとうございました。

(株)エブリィ
渡部 雄一郎様

 【東京都】 (株)ナンバーワンソリューショ ンズ 深澤 洋文様 【中古車買い取り・輸出業】

- 入会前、入会後とくらべて売買は増えましたか?

そうですね。入会前はあまり輸出はしてませんでしたが、入会後は自分自身も力をつけてきたこともあり、輸出台数も月に20-30台はコンスタントに出せる ようになりました。

-弊社の営業の対応はどうですか?

定期的に電話を頂いてますが、非常にありがたいですね。車を探すのを手伝ってもらったりしているのでいつでもwelcomeです。




-会員限定の勉強会に参加して頂いた感想を教えて下さい

私が参加した限定勉強会では、実際に各国に特化した現地の情報等を動画などで教えて頂きました。現地にいくことはなかなか難しいですが、勉強会を通じて現 地の情報だったり映像がみれてイメージとして頭にすんなりはいてきて、とても勉強になりました。

-輸出いちばに入会して一番良かった点を教えて下さい。

在庫を仕入れる場所という意味でも、もちろんいいシステムだとは思っていますが、僕が一番メリットだとおもうのは、御社が主催してる会員限定の勉強会やセ ミナーに参加することによって、他業種の会員さんと交流がとれることだと思います。お互い情報交換をしあっていい刺激をもらう事ができます。この業界は一 人または少人数でやっていくことが多いので、見えない部分だったり、マンネリ化してくる部分がどうしてもあるとおもうので、外にでて交流してつながりだっ たり情報交換の機会があるのはとてもいいと思います。


-ありがとうございました。

(株)ナンバーワンソリューションズ
深澤 洋文様

 【神奈川 県】オクタゴンジャパン 北野 将秀 様  【輸出業】
 
- 「輸出市場を利用して頂いて」よいことを教えてください。

●オークション仕入れと比較して、コストが安い。
●車のクオリティーに信頼がおける。
●欲しい車があった時の本部の対応が非常に早く、丁寧。購入決断を早めれる。
●情報のクオリティーが高い。
●車の情報は勿論ですが、土岡様やみの様の経験と私達よりたいぶん先を見て、予測されたアドバイスが役立つ。


-ありがとうございました。

オクタゴンジャパン
北野 将秀様

 【福岡県】 ラッシュオートサービス 延原 伸治様  【輸出業】 ※輸出教材購入

-オークションと弊社を比較するとどうですか?
 
オークションの場合、過去の相場を調べたうえで、おおよそこの価格であるとバイヤーに伝えた後車を探します。この場合、車を購入する時に過去の相場より価 格が高くなってしまう時があります。また、車両の状態もその時の出品車両によって異なりますので、バイヤーさんとやり取りするのが難しくなります。

輸出いちばの場合は、在庫としてある車なので、車両状態および価格が分かるようになっているので、バイヤーとやり取りする時が非常に楽です。また、オーク ションと比べて流通の速さがゆっくりなので落ち着いてバイヤーとやり取りができます。


-ありがとうございました。

ラッシュオートサービス
延原 伸治様

 【兵庫県】 Pro-J 冨田 洋様  【輸出業】 ※レポートを頂きました
 
---------------------------------
「輸出業者として輸出いちばを使った場合のメリット」
---------------------------------

自動車の輸出ビジネスは、仕入れがキーポイントになるように思います。
通常の場合、海外のそれぞれの国で需要のある車を仕入れようとする場合、
1)オークションで仕入れるか
2)中古車の販売店を訪ねて業販の形で在庫車両を販売させてもらうか
の2通りの方法を挙げることができます。

アイオークなどのオークションで仕入れる場合、思うような車があってもいざ、入札するとなると、なかなか狙っているような価格で落札して目的とする車を手 に入れることはできません。輸出の場合、最近の傾向として利鞘(りざや)が円高に伴い、小さくなってきているので、どうしても輸出価格(FOB)の値引き を余儀なくされているのが現況です。そんな状況の中では、仕入れコストを極力下げないと対応できなくなってきています。

相場価格を綿密に調べて、その時の適正価格で入札するのですが、それよりも高い価格で入札されている場合がほとんどですのでなかなか落札できません。アイ オークなどのオークションでは、入札1回につき300円の入札手数料がかかりますので数打てばその内、手に入るだろうと能天気な態度で構えるわけにはいき ません。

100回入札して数件を落札できれば良い方だというような話を良く耳にします。かといって、落札率を高めるために高値で入札すれば、当然ながら輸出価格と しては、売れないような高値になるか、赤字で売るかのどちらかになってしまうのが落ちです。

私が「輸出いちば」を重宝するのは、「確実に購入できる可能性が極めて高い」からです。写真と査定表を見て判断するのは、アイオークの場合と変わらないの ですが、どうしても詳しく知りたい個所がある場合に、輸出いちばへ電話連絡すると迅速に対応してもらえます。これはアイオークなどのオークションと異なる 利点だと思います。それに何度、購入希望を出しても入札手数料がかかりません。この点では、とても安心しています。

会員向けサービスの良いところとしては次のような点を挙げることができます。

それは、トラブルがあった場合の安心感だと思います。中古車の場合、購入後のクレームが発生した場合、販売店に対して直に交渉しなければなりませんが、そ の道に詳しい第三者的な仲介者が間に入って頂けるので、安心感を持って海外バイヤーへ販売することができます。この安心感は大きいと思います。

次に挙げることができる利点としては、会員向けのメルマガや最新入庫情報です。私の場合、毎日、最新入庫情報を「輸出いちば」から配信されるEmailで チェックしていますし、定期的に入ってくるメルマガもコーヒーブレイクのような気分で楽しく読んでいます。
初めて聞くような内容の車の豆知識が盛り込まれていて、いつも興味深く読んでいます。


今後とも末永くよろしくお願い致します。


-ありがとうございました。

Pro-J
冨田 洋様

 【東京都】  Bay Third 三浦 裕大 様 【輸出業・貿易その他】
 
弊社は現在ウガンダ、ケニヤに車を送っております。私のように在庫を持たずにこのビジネスをやりたいと考えておられる方には最適だと思っております。

-ありがとうございました。
 【徳島県】  W 様 【新規事業→輸出業】
 貴社との取引に よっての輸出業者側のメリットとしては、在庫を持たなくていいのが最大のメリットじゃないかと思います。少ない資金で始める事業主の方や輸出業者が在庫に ない車種のオファーを海外バイヤーから問い合わせがあった場合には非常に有効ではないでしょうか・・・。時々、貴社の営業の方より電話にて、弊社が探して いる車種・値段等を聞き取り、その車種を予算内で探してくれるサービスは非常に良いサービスだと思います。

-ありがとうございました。

みなさま、ありがとうございます。感謝です。
 たくさんのお客様の声中古車ビジネス、中古車輸出ビジネスの方法論、教材、研修、セミナー
世界中のお客様たち港での輸出前検査、船積み、そして、海外ディーラーのお客様へ
  新・間接輸出「輸出いちば」 | 無料ノウハウ |商品・サービス |お客さまの声 |会社概要 | アクセス | リクルート| 藤沢の洗車場きゃめる | リンク集 |

株式会社アクセルホームへ