中古車輸出・自動車輸出ビジネス支援します。輸出ノウハウ、輸出情報、海外オーダー、バイヤー情報なら輸出いちば 株式会社アクセル

あなたの中古車輸出ビジネスのお手伝いします。

お客さまの声

会員さま、セミナー受講生さまの声、実績などをご紹介します。

GSさん(36歳、東京)

「最初は不安だったが、初心者でもできる、ということを信じてやってみた。この仕事は時間が自由になるのが良い」元公認会計士で脱サラして平成26年独立。受講から3ヶ月で輸出スタート。いまは月20台を安定して輸出中。当面は50台を目標にがんばっている。
株式会社オートスポーティブジャパン(輸出業:輸出いちばプラス)

北野将秀さん(37歳、宮崎)

Qすでに輸出をされているのに、どうして講座に参加したのですか? 「我流でなんとかやってきたのですが、ちょっと壁にぶつかってました。一度、基本から、勉強し直したいと思いました。講座のことは前から気になっていて、一度電話で話も させてもらったんですが、そのときは、決めきれませんでした。でも、土岡さんのメー ル、ブログをずっと見ていて「この人は本物だ」と感じていたこともあり、締め切り間際に申込みました。
Q じっさいに役に立ちましたか?「既に営業をしておりましたが、非常に勉強になりました。輸出業の基礎をじっくり学べたのが大きかったです。基礎を飛ばしている部分での自分なりの気づきが沢山ありましたし、お客様と長期的に良いビジネスの関係を続けていくための方法も再認識出来ました。
また、非常に細かい事など、継続していくことで、売上に繋がるのだろうなと思える事も多くありました。あとは、塾で学んだ事を、現場でただただ、素直に遇直にやるだけです。本当に感謝です。ありがとうございました
8年前にネット販売で創業。その後、本講座で、いちからリピート販売を学び、今はコンタントに一人で月150万円〜200万円以上の利益。海外支店も作り、さらに販売を増やしていく予定
「輸出いちば仕入」でよいところは?
●オークション仕入れと比較して、コストが安い。
●車のクオリティーに信頼がおける。
●欲しい車があった時の本部の対応が非常に早く、丁寧。購入決断を早めれる。
●情報のクオリティーが高い。
●車の情報は勿論ですが、土岡様やみの様の経験と私達よりたいぶん先を見て、予測されたアドバイスが役立つ。
株式会社オクタゴン(輸出業:輸出いちば、自動車輸出ビジネス受講)

前田桂子さん(千葉)

「いい中古車輸出の教材を求めて、私は随分回り道をしました。
中古車輸出の教材は沢山世間に出回っていますが、そのほとんどが、部分的で肝心なところをぼかしてあったり、情報が10年以上前と古いものだったり、中には、英会話や輸出実務の本と一緒に、オークション会場の様子が延々と映るビデオが入っているだけの物などがあり、何回もがっかりいたしました。
教材によって、その後の何十年かが決まってしまいます。勝ち組になるのか。結局具体的なことは何もわからないまま終わるのか。気をつけてください。
見極めのひとつの指針として考えたいのは、買おうとしている教材が、教材を送りつけるだけで、決して会わない情報提供者の物なのか。それとも、実際に電話したり会って相談したり、勉強会に参加できる人物が提供しているものなのか、というポイントです。
土岡さんのDVDはそれなりのお値段はしますが、その後もずっと相談にのってくださったり、勉強会で新しい情報をくださったり、キーマンを惜しげもなく紹介してくださったりします。
将来の展開を考えますと、情報の切り売りのような教材を買うよりは、信頼できるところから買うのは、決して高い買い物ではないと思います。最初からこの教材を見つければ良かったな、と、回り道した自分が歯がゆいです。土岡さん、いつもありがとうございます。」
Car Chan(輸出業、貿易:輸出いちばプラス)

横林保夫さん(45歳、愛知)

インタビュー動画はこちら
Q 輸出いちばに参加しようと思ったのはなぜでしょうか? A 現在、不景気ということもありクルマ屋さんはどこも元気がないなという印象がありました。しかしアクセルが開催したセミナーを受講して、まだクルマ業界でもこんなに元気があって、希望がある会社があるんだなと思い 興味を持ったのが最初のきっかけです。
Q 実際に加盟して頂いていかがですか? A 現在はまだ本業も忙しく、輸出いちばに出品はしておりませんが、会員専用のメールマガジンや会員勉強会などに参加して、情報交換やいろ んなことを日々勉強しています。
Q 輸出ビジネス講座に参加しようと思ったのはなぜでしょうか? A 輸出いちばに参加することによって海外への販路が広がりワクワクした結果このコースを申込みました。輸出いちばで間接的に輸出に携わることができますが、関わる以上最終的には自分で全部出来るよう になりたいと思い、もし輸出のやり方を教えてもらえるのであれば、教えてもらいたい、と思いました。15年分 のノウハウがこの値段であれば年10万しないから安いかなと(笑)あと自分は腰が重いので、尻を叩いてやる、ということが書いてあったので、尻を叩いてもらおうか、と(笑)案内で書いてあったように月200万 稼げるよう、期待に添えるように、これから頑張ろうと思っています。
ビーカンパニー(内装修理業、輸出業)

髙橋秀樹さん(43歳、宮城)

宮城県にて自動車解体、リサイクルパーツ販売の会社など経営。2012年より参加。現在、海外支店など含め、輸出展開を広げている
株式会社アイエス総合(自動車解体業、輸出:輸出いちばプラス)

江野沢範之さん(54歳、東京)

Q 「輸出ビジネス講座」にご参加頂いていますが感想を。 A 小さい頃から”貿易”に興味があったこと、現在の仕事で行かせるという面で輸出に携わろうと思いました。実際に道場に参加して最終的に直接輸出ビジネスを手がけられる ようになりたいと思っています。また輸出いちばでは海外バイヤーの生のオーダー情報を 提供頂けるということもあり、情報を買う意味でも入会いたしました。
Q じっさいに輸出はできていますか? はい、少しずつアフリカに輸出しています。今年は月50台輸出できるように頑張ります。
浅草モーター株式会社(整備業・輸出業:輸出ビジネス講座)

夏目勝雄さん(60歳、愛知)

インタビュー動画はこちら
Q まったくの異業種からの参入ということで、いろいろノウハウを探されたと思うのですが、弊社以外でよさそうな会社はありましたか? A 最初は、他社の説明会に参加して良さそうに思いましたが、あまりに熱心な勧誘だったので、ちょっと引いてしまいました。(輸出いちばと違い)会員の売り上げアップを図る姿勢が見えませんでした。
Q ノウハウを取得するにあたり気をつけたことはなんですか? A ノウハウの点ではどういう手順で輸出し、国ごとにどんな規制があるのか、事 前に勉強する必要があると思っていましたので、 アクセルの教材やDVDを研究しました。またジェトロの情報なども参考にしています。どういう車が売れ筋か、どういうのが売りやすいか、というのは参入するまで知りませんでした。
Q どういう基準で輸出いちばにご加入頂いたのですか? A 第一に、社長さんの顔が見える、そして人柄がわかるところから信頼感がもてます。次に、セミナーのお話を聞いて、輸出の実績もあるし、社員の印象もいいし、(当然ですが)実務にも詳しいし、この会社ならパートナーになりたいと思った次第です。さらに、三点目として会費が、とってもリーズナブルです。
有限会社ティータイムジャパン(買取販売・輸出:輸出ビジネス講座)

Iさん(53歳、栃木)

「自動車輸出ビジネスDVD講座とても良い教材でした。何が良いかというと、それこそ輸出の基礎から学べる事ですね。私は全くのシロウトでしたが、2012年の12/24のクリスマスに教材が届き(一括で申し込み)3月には最初の1台目を輸出することができました。それもこれも講座の中に出てくる内容を愚直に実行しただけです。
今では、中古車だけでなく他の商品の輸出も手がけていますが、全て講座に出てきた内容の応用に過ぎません。ありがとうございました。」
DVDの内容をそのまま実行して3ヶ月後には輸出スタート。いまは車以外の貿易も手がける
(輸出業、貿易)

中川稔さん(52歳、茨城)

「自動車業界とはそこそこ付き合って来ましたが、販売業務が浅いものとして中古車輸出は更なる未知の世界でした。これまで浅いなりにも国内でポツポツと国 産車・外国車の注文を受けて、これから実績を積もうとしていた矢先の事でした。
(中略)そうこうしている時に株式会社 アクセルグループと出会い入会した訳です。某中古車販売促進チェーン店等に加盟もしていましたが、他と比較して業務アドバイス内容が違いました。
教材内容にしても素晴らしい実績に基づき、一からの実践教材とした分かりやすいものです。 全世界とリアルタイムにつながり、過去の貴重な実績(お宝もの)からの海外情報網はすごいです。遭遇するであろう大きいハンデイを終了してくれています。(中略)
ノウハウに関してご意見をお願いします。「以前に加盟していた内の一つで○○○、いまだに中古車輸出に参加しませんか、と誘いがあります。正直なところ利益率アップとして、一時考えた時もありました。しかし、毎回頂いている会員メールにより、ケガをせずに済んだみたいです。現在、我々のよう な起業者に対して差し伸べる手は優しくなって来ていますが、必要出費は大きいものがありました。この起業者を狙うハンター側に手を貸しそうに成った事もあ りました。」
中川さんは新規参入ですが、初めて知ったこと、勉強になったことなど?
1.知らなかった=受け入れ側(外国)の査定基準が日本より厳しい国が複数あるとは知らなかった。
2.よかったこと=輸出用教材で車両査定の認識アップ。
アシストカー水戸(買取販売)

深澤洋文さん(東京)

インタビュー動画はこちら
「入会前はあまり輸出はしてませんでしたが、入会後は自分自身も力をつけてきたこともあり、輸出台数も月に20-30台はコンスタントに出せるように なりました。」
勉強会について「私が参加した限定勉強会では、実際に各国に特化した現地の情報等を動画などで教えて頂きました。現地にいくことはなかなか難しいですが、勉強会を通じて現地の情報だったり映像がみれてイメージとして頭 にすんなりはいてきて、とても勉強になりました。」
「在庫を仕入れる場所という意味でも、もちろんいいシステムだとは思っていますが、僕が一番メリットだとお もうのは、御社が主催してる会員限定の勉強会やセミナーに参加することによって、他業種の会員さんと交流がとれることだと思います。お互い情報交換をしあっていい刺激をもらう事ができます。この業界は一人または少人数でやっていくことが多いので、見えない部分だったり、マンネリ化してくる部分がどうしてもある とおもうので、外にでて交流してつながりだったり情報交換の機会があるのはとてもいいと思います。」
株式会社ナンバーワンソリューションズ(輸出業)

渡部雄一郎さん(30歳、新潟)

インタビュー動画はこちら
なぜ入会?「オークション以外からの仕入れが可能・商談が可能。在庫を持たずに海外にセールスできるから」
「輸出情報は他に誰から得ている?」中古車輸出全般に関しては、JUMVEAから情報収集。それ以外に関しては、同業社とのコミュニケーションより。
会員になって良かったこと?「お宝車両の仕入れが効くようになった。」
輸出いちばを利用して買うメリット、デメリットは?
・写真が多い
・査定がきちんとしている
・手数料が安い
・商談が可能
・締切がないため、クライアントの交渉に時間をかけられる
業者仕入れをしてるか?してる場合輸出いちばとの違い(良い、悪い)
・業者仕入れをしている。他社ではコンディションの悪い車両が中にはあるが、輸出いちばでは一切ない。
中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いところ
・「輸出業者です」と連絡すると煙たがる中古車屋さんが多い。同じ中古車という商品を扱っているのだから、色々と協力してウィンウィンの関係を築き、情報収集もしていきたい。
異業種からのクルマ業界参入に対しての考えは?「どんどん参入すべきだと思う。クルマ業界の方たちのみだと、どうしても一定の考えに偏ってしまいがち。なところがあると思う。」
輸出ビジネス一般に対して、あなたの見解は?「将来的にもまだまだ伸びると思う(未開拓の地域は山ほどあるから)。ただ、長期的な円高の影響は増えるような気がする。
いま輸出で苦労していること、悩みなど?「急激な円の変動による為替差損。分割払いのクライアントへの対応。その間の資金立替。「払った」といって払っていないケースが多々ある。確実に入金されるまで数日かかる。」
株式会社エブリィ(輸出業)

延原信治さん(24歳、福岡)

オークションとの違いは?「オークションの場合、過去の相場を調べたうえで、おおよそこの価格であるとバイヤーに伝えた後車を探します。この場合、車を購入する時に過去の相場より価 格が高くなってしまう時があります。また、車両の状態もその時の出品車両によって異なりますので、バイヤーさんとやり取りするのが難しくなります。
輸出いちばの場合は、在庫としてある車なので、車両状態および価格が分かるようになっているので、バイヤーとやり取りする時が非常に楽です。また、オーク ションと比べて流通の速さがゆっくりなので落ち着いてバイヤーとやり取りができます。
ラッシュオートサービス(輸出業:輸出教材)

山中雅夫さん(※お客さんでなく、査定研修の講師から一言)

インタビュー動画はこちら
「五感を使って車を査定してください」 
山中企画(査定士・研修)

遠藤大樹さん(宮城)

インタビュー動画はこちら
「初心者だが、素人でも見れる方法を教えてもらった」
Synm World株式会社(中古タイヤ販売)

江野沢範之さん(東京)

インタビュー動画はこちら
「下の方から見る方法がわかった。
浅草モータース株式会社(自動車整備販売・輸出)

夏目勝雄さん(愛知)

インタビュー動画はこちら
「あまり時間をかけずにポイントを見る、実践的な方法」
ナッツオートトレーディング(買取販売、輸出業)

津村重光さん(58歳、岡山)

インタビュー動画はこちら
この集客法は知らなかった。夜の懇親会でもう少し詳しくきいてみたいと思う。すぐに実践していこうと思う。(会員勉強会)
NYC株式会社(販売)

横田修一さん(58歳、埼玉)

輸出いちばに加入して頂いたきっかけはなんでしょうか?A 私は以前御社が展開していた【WATAA加盟店*】というのに加盟していました。残念ながら加盟店制度は廃止になってしまい、個人で事業を続けていました。輸出いちばは完全会員制ですが、会員さんを集めての勉強会や、懇親会を定期的に開催してくれて、モチベーションが高い他の会員さんとの横のつながりが出来るということもあって再び参加させて頂きました。(*WATAA加盟店とは過去にフランチャイズ事業で現在は廃止しております。)
Q 輸出いちばに参加して良かった点、良くない点があれば教えて下さい。 A パソコンが得意ではないんです。ですから出品する際に写真をパソコンにとりこんだりといった作業が苦手で す。ただ輸出いちば事務局スタッフの人がサポートしてくれるのでなんとか頑張ってやっていけています。
アクセルYOKOTA(買取販売)

山根強さん(45歳、兵庫)

インタビュー動画はこちら
Q 輸出いちばに入会しようとおもったきっかけを教えて下さい。A 今後中古車ビジネスを継続していくにあたって輸出なら確実に利益を出せるとおもったからです。
Q ご自身で直接輸出をしようとは思わなかったのですか? A 英語が難しくって私には無理なので、その面は「輸出いちば」にお願いしようと思いました。
Q 輸出いちばに入会してよかったと思う事はなんですか? A セミナーや勉強会などでいろいろな情報を与えてもらう機会があるのでそこがいちばんのメリットだと思います。私の課題は「集客」ですが、会員限定勉強会などに参加する事によって他の会員さんのリアルな声が聞けるので勉強になります。
VALUE(販売)

犬伏秀一さん(55歳、東京)

オークションと比べて、輸出いちばに出品する場合は、真剣さが違いますね。まず出品票。AAの場合は、会場の検査員が勝手に査定してくれるので気楽です。が、輸出市場は、当方が記入しなければいけません。責任重大で、見る目が違ってきます。
また、商談成立後も、いままでは、結婚紹介所に娘を預けたような感じでしたが、今回は、直接自分の家から嫁に出す感覚で、磨きにも力が入ります。「どこに行くのだろうか?頑張って来いよ」と。
最近はAAがタマ不足で、弊社は2ケ月間出品車成約率100%です!輸出いちば販路が増えたと思って、とのお言葉どおりと思っています。今後ともよろし くお願いいたします。
株式会社日本流通機構(買取販売業)

田中健之さん(35歳、静岡)

インタビュー動画はこちら
Q なぜ輸出いちばに参加したのですか? A 日本の中古車は質が良くブランド力もあるので、海外で人気が高いという事 実、輸出いちばに登録している1,800社*もの海外業者の数、ドバイ、ニュージーランドなどへの輸出車台数の実績を知るにつけ、中古車販売の市場が成熟しているこれからは、輸出に目を向けていくことが、長いスパンで生き残っていく戦略 である、それをここから学べるのではないかと思いました。」*2015年5000社以上
Q 輸出いちばのノウハウで良いと思うところは? A どこの国にどういう車が今出ているというリアルタイム情報や本当なら隠しておきたい経験に基づく実践的なノウハウを提供してくれるのは輸出いちばしかないと思います(普通隠すと思う)。また、いいことだけでなくリスクもちゃんと教えてくれることも他社との違いです。リスクをちゃんと説明してくれるのは輸出いちばの みだと思います。
Q 輸出いちばからの情報で良かった例は? A 買い取った高年式ベンツを預けて、輸出用に商談してもらっています。ベンツといっても右ハンドルと左ハンドルでは、輸出の値段が全然違うのですね。海外の国によっても、欲しい車の傾向や、ルールがそれぞれ違うこと、古い車なら何でも売れる訳ではないこと、逆にはまる車なら距離とびでも高く売れるこ と、規制や円相場によって情勢が大きく変わることなどもアクセルを通して知りました。
Q AAと比べての輸出いちばのメリットは? A まず、輸送、出品コストがかからず、成約のみの手数料なので台当り粗利のUPしました。あとは、信用性(信頼のおけるバイヤーなので安心)、リピート性(いい車と真摯な取引で自社車両のリ ピート率が上がる)、そして自社に置いたまま販売できる(画像販売)ということでしょうか。今まではお客様から仕入れた車は業者オークションに出品するようにしてました。オークションは確かにセリな ので相場以上に跳ね上がって大きく利益がとれることもありますが、逆に相場までいかず、再出品を繰り返し、損 切りすることもあります。特に最近は円高の影響や国内消費の低迷で相場が非常に読みづらくなっています。先週まで100万近辺で取引されていた車が今週は70万位までしか入らないということも増えてきました。 その点輸出いちばは仕切金額をこちらで決めることができ、利益計算が早くできるというのは大きなメリットです。しかもこちらの仕切りが高ければ、輸出いちば事務局がバイヤーとこちらとの交渉のかけ橋をしてくれる。そうすることで多少仕切金額を下げてもその場で利益が確定できるのです。オークションであれば多少でも金額が合わなければ「流札」になり、「再出品」になる。そうするとまた次の週には相場が下がり売りにくくなる、さらには再出品料もかかるのでコストもかさんでくる、という悪循環が輸出いちばであれば解消でき ます。オークションに出すことで、1台で「大きく儲かった」「損した」ではなく、1台当りの利益幅は減ったとしても1か月トータルで安定して利益を確保できるというのは当店にとってありがたいですし「輸出いちば」の強みだと思います。
カースタ(買取販売・輸出)
→ 現在田中さんは、ご自身で輸出もされています。 以上、インタビューより一部抜粋いたしました。 続きはこちらでご覧いただけます。

前川政輝さん(43歳、三重)

輸出いちばの良いところは単純にオークションで売る場合に比べ、外国人の意向や趣向を感じることができる。装備だったり、傷の確認だったり質問が色々来るのでオークション成約→輸出抹消ほど無機質感がありません。
また、オークションに比べ陸送などの手配は無く、在庫登録するだけ。釣り糸を垂れてあとはほったらかして食いつくのを待つ感じです。さらに、販売の窓口を安価で増やすことができる。ネットや雑誌などの広告媒体も使用していますがそれと比べるとコストは低いといえます。
最後にいまどこの国でどんなオーダーがあるのかどんな車が売れたかメー ルがくる。なのでお客さんと商談する際に「アフリカでこの車が人気なんですよ?」などと輸出向けの車の買取を する際に説得力あるトークのネタになります。」
株式会社MAC(買取販売)

佐々木慎也さん(36歳、熊本)

Q そもそもなぜ輸出いちばにご入会いただいたのでしょうか? A 率直に、現在より利益を上げたいからです。御社にお世話になる前自動車整備工場をしながらガソリンスタン ドをしていたのですが、ガソリンスタンドの設備老朽化を機にスタンドを廃業したため、ガソリンスタンドで出ていた利益を何らかで補わなくては事業継続ができないと思い、自動車の販売にさらに力をいれようと思った時に海外まで市場がひろがれば今後楽しみだと思ったからです。
Q 会員になって、特に勉強になった、参考になったということはありますか? A 海外のいろいろな情報をもらえるので、海外に関してさらに興味が湧いてきた。
Q 輸出業者へ業者販売をしていますか?またその場合の輸出いちばとの違いはなんですか?A 付き合いのある解体屋さんが輸出もしてると思うのですが、輸出いちばでの相場より2、3万安い値段がつきます。
Q オークションと比べての輸出いちばで売るメリット、デメリットを教えて下さい。A オークションほど経費がかからないので利益がだしやすい。輸出いちばに掲載する際、売値は自分た ちで決めるので、載っている車は相場より若干高い気がする。相場から離れるとやはり売れないということもあるので弊社では気をつけている。また、オークションと比べて輸出いちばは掲載車の検索がしづらいと感じることもある。
佐々木車輌整備工場(車検整備販売)

下別府洋さん(44歳、福岡)

インタビュー動画はこちら
Q自動車輸出ビジネスをはじめたきっかけを教えてください。「サラリーマンを辞めて何がやれるか(起業出来るか)と模索中、”輸出ビジネス”を見つけました!それは私の周りに誰もやっている人がなかった為、チャンス と思ったのです、それに私は今まで車が好きで自動車関係の仕事をしていましたから車に関して自信がありました。初めてオファーを行っていくとやっと取引でき、見たこともない相手との取引で入金確認そして船積み、初めての車を輸出しバイヤーから”ベストカー”とメー ルを戴き感激しました。これはとてもおもしろい商売と思っています!」
輸出いちば(間接輸出)についての感想をお聞かせください「私達にとって今はとても大切な手段であり方法です。
・バイヤーと交渉(英語)がいらない
・自分のペースで、できる点
・確実に現金取引できる事
・中古自動車に関連業種の新たな販売方法に出来る。
・とてもリスクが少ない!
輸出ビジネスにおいて情報は大事ですが、何かコメントがあれば教えてく ださい。
・情報は利益を生むもの、そして無駄をなくすもの!
・輸出ビジネスの正確な情報はその時に携わっていないとわかりにくい、また最後は正しい情報を発信していく会社が生き残る!
・このサイト(輸出いちば)にもっと多くの車両情報が掲載されれば海外バイヤーのブックマークが増え良いビジネスが発生するはずです!
そもそもなぜ入会いただいたのか?他社と何が違うのか?「自分に合っている、本物であると思った。」
ノウハウで他社で良さそうなものはあったか?弊社が良さそうだ と思ったのはなぜ?「他社は現実的でない、輸出サポートだけでなく共同である事」
ノウハウ獲得で気をつけたことは?失敗したことは?「他社でだまされた事があります」
定期配信する情報は参考になっているか「Yes、これをもとに輸出車両の価格をオークションで確認して買取のアイテムに登録する。」 輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか?ブッキングエージェント他 陸送会社 バイヤー他
会員になって、何か得に勉強になった、参考になったということ があれば?「自分の間違った情報を訂正出来た。 輸出いちばで販売する、登録するとき、どういう点に気をつけているか?「通常以上にくるまのチェック」
輸出いちばとオークションでの違い、良いところ、悪いところ?「オークション会場に車両を持ち込まなくてすむ事」
輸出業者へ業者販売をしてるか?してる場合輸出いちばとの違い(悪い)「した事があるがいい加減な業者が多い」
中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いところ?「最近特に国内の中古車販売不振が多くなっていると思います。」
異業種からのクルマ業界参入に対しての考えをお聞かせください。「異業種賛成です、輸出いちばのサイト出品プライスがまだ中古車販売価格同様、価格が高いように思います、この輸出いちばはせっかく会員制ですので取引が適正価格になり会員同士も必要なときに取引できるようになる事を願っています。
ACC trading Co.(車検整備販売)

上田市夫さん(53歳、奈良)

インタビュー動画はこちら
入会の決めては社長の人柄。田舎で商売をやっているため、勉強会は来るたびに参考になる。
株式会社荒市商店(SS店・販売整備)

神山幸典さん(32歳、北海道)

ご入会いただけたきっかけを教えてください「スカパーで○○○の番組を見まして中古車輸出に興味を持ち、できるだけ安く輸出に携わりたかった為。」
ノウハウで他社で良さそうなものはあったか?弊社が良さそうだと思ったのはなぜ?「小冊子を見ておいしそうなビジネスだと思った。」
定期配信する情報は参考になっているか?「1回か2回送られてきたFAXは興味深く見ています。参考にしています。」
輸出に関して、他にどのような情報を誰からもらっているのか?「完全に独学になってしまっています。北海道の私の周りには輸出に携わっている人はいません。」
オークションと比べての輸出いちばで売るメリット、デメリットは?「掲載料が無料」
輸出いちばの取引で「こういうサービスがあれば」などリクエストがあれば?「掲載されている車の海外からのコンタクト件数を知りたい。」
将来、自社輸出をしたいと思うか、どうか理由?「自社輸出をしたいと思っています。私は板金塗装と並行してやっていきたいと思う。」
輸出いちばとオークションでの違い、良いところ、悪いところ?「オークションと比べて平均的に高いと思う。良い点は写真の数が多いためお客に提案しやすい。」
中古車業界一般、業界人についてのあなたの見解は良いところ、悪いところ?「私のイメージは輸出業者は愛想が悪く、なんとなく対応が悪い。業販に応じてくれない。業販のサイトがあれば知りたい。」
ガレージファントム(整備鈑金)

友岡弘和さん(64歳、福井)

こんにちは、私は福井県敦賀市の友岡と申します。昨年7月に大手の半官半民の大会社を円満定年退職しました。親戚が車の修理販売業をしており、若いときか ら単車、自動車を毎日のように生活の1部としてきました。時折外人バイヤーが出張でこられて車の話をしておりましたので車の輸出には少なからず興味を持っ ていました。退職してすぐ「古物商」の資格をとりました。
株式会社アクセルさんに入会した理由?「以前より車の輸出には興味があり、たまたま「地方紙の車の雑誌に中古車輸出」の記事があり色々調べている内に、株式会社アクセルさんを見つけ「輸出いち ば」に入会申込みをしました。他社と違うのは「輸出いちば」を通して「今よりもっと素晴らしい人間関係を取り戻そう」という趣旨です。長い間サラリーマン として何人もの部下を持たされ訳の解らない計算式と部下の指導のなかに、果たして素晴らしい人間関係などあったのかと思うと今でも疑問を持たざるを得ませ ん。
ノウハウについて?「株式会社アクセルさんは入会してすぐ、メールで殆ど毎日のように辛い指導と速報情報が送信されて来て、その通りに中古車を登録すれば必ず成功するマニュア ルが完成していると思考します。」
ノウハウ獲得で気をつけたことは、参考になったことは?「全ての(輸出いちばから来る)メールをファイルし興味がある記事には付箋を付けて赤ペンでアンダーラインを引きいつでも再検索出来るよう保管してある。 「ほとんど重要な記事でいまではファイルの厚さが10cmを超えた」失敗したことは「ヤフーオークションでババをつかまされたことが数度ある」(それがげ んざいまで引きずってネックになっている)
会員むけ輸出の基本ノウハウで参考になるものはあったか?「大いにあった。書ききれない。
定期配信する情報は参考になっているか?「なっている。書ききれない。」
輸出に関して他にどうのような情報を誰からもらっているか?「近くの東南アジアに支店を持つ車やさんと、月1回の回数で逢って話をしている。株式会社アクセルさんのこともよく知っている。「良いとも悪いとも言わないが」
会員になって、何か得に勉強、参考になったということは?「大いにある書ききれない。」
オークションと比べて「輸出いちば」で売るメリットは?「なにも難しいことではないメールの情報どおりの車を登録すれば良い。」
「輸出いちば」での取引でのサービスは?「車をメーカー別に登録していないのでメーカー別、車種別に登録してくれれば検索が楽になると思う。」
「輸出いちば」とオークションとの良いところ、悪いところ?
(輸出いちば)販売登録さえ正確、まじめにすればよいところが気軽。
(オークション)落札時間(仕入れの場合)、金額、相場、陸送、などの確認と時間的なプレッシャーで気が抜けないし非常に疲れる。
輸出業者へ業者販売しているか→現在のところ該当なし。
中古車業界一般、業界人について「私の知っている限りでは零細業者が多く話してもあまりためになる情報を流してくれないむしろ昔然として殻から抜けられないのでは。」 異業種からのクルマ業界参入に対して?「現在の時代は昔のような○専手形もなくパソコン1台で素人さんがいとも簡単に中古車の売り買いをしており概して秩序が欠如しているように思われるので、ア クセルさんのような会社がこれからも発展したほうが良いと思考する。」
オートサービスセンユー(販売)

冨田洋さん(57歳、兵庫)

「輸出業者として輸出いちばを使った場合のメリット」自動車の輸出ビジネスは、仕入れがキーポイントになるように思います。通常の場合、海外のそれぞれの国で需要のある車を仕入れようとする場合
1)オークションで仕入れるか
2)中古車の販売店を訪ねて業販の形で在庫車両を販売させてもらうか
の2通りの方法を挙げることができます。

アイオークなどのオークションで仕入れる場合、思うような車があってもいざ、入札するとなると、なかなか狙っているような価格で落札して目的とする車を手 に入れることはできません。輸出の場合、最近の傾向として利鞘(りざや)が円高に伴い、小さくなってきているので、どうしても輸出価格(FOB)の値引き を余儀なくされているのが現況です。そんな状況の中では、仕入れコストを極力下げないと対応できなくなってきています。

相場価格を綿密に調べて、その時の適正価格で入札するのですが、それよりも高い価格で入札されている場合がほとんどですのでなかなか落札できません。アイ オークなどのオークションでは、入札1回につき300円の入札手数料がかかりますので数打てばその内、手に入るだろうと能天気な態度で構えるわけにはいき ません。

100回入札して数件を落札できれば良い方だというような話を良く耳にします。かといって、落札率を高めるために高値で入札すれば、当然ながら輸出価格と しては、売れないような高値になるか、赤字で売るかのどちらかになってしまうのが落ちです。

私が「輸出いちば」を重宝するのは、「確実に購入できる可能性が極めて高い」からです。写真と査定表を見て判断するのは、アイオークの場合と変わらないの ですが、どうしても詳しく知りたい個所がある場合に、輸出いちばへ電話連絡すると迅速に対応してもらえます。これはアイオークなどのオークションと異なる 利点だと思います。それに何度、購入希望を出しても入札手数料がかかりません。この点では、とても安心しています。

会員向けサービスの良いところとしては次のような点を挙げることができます。
それは、トラブルがあった場合の安心感だと思います。中古車の場合、購入後のクレームが発生した場合、販売店に対して直に交渉しなければなりませんが、その道に詳しい第三者的な仲介者が間に入って頂けるので、安心感を持って海外バイヤーへ販売することができます。この安心感は大きいと思います。

次に挙げることができる利点としては、会員向けのメルマガや最新入庫情報です。私の場合、毎日、最新入庫情報を「輸出いちば」から配信されるEmailでチェックしていますし、定期的に入ってくるメルマガもコーヒーブレイクのような気分で楽しく読んでいます。
初めて聞くような内容の車の豆知識が盛り込まれていて、いつも興味深く読んでいます。
今後とも末永くよろしくお願い致します。
Pro J(輸出業)

三浦裕大さん(東京)

弊社は現在ウガンダ、ケニヤに車を送っております。私のように在庫を持たずにこのビジネスをやりたいと考えておられる方には最適だと思っております。
Bay Third(輸出業)

Wさん(徳島)

貴社との取引によっての輸出業者側のメリットとしては、在庫を持たなくていいのが最大のメリットじゃないかと思います。少ない資金で始める事業主の方や輸出業者が在庫にない車種のオファーを海外バイヤーから問い合わせがあった場合には非常に有効ではないでしょうか・・・。時々、貴社の営業の方より電話にて、弊社が探して いる車種・値段等を聞き取り、その車種を予算内で探してくれるサービスは非常に良いサービスだと思います。
(輸出業)

辻廣男さん(50歳、奈良)

インタビュー動画はこちら
「解体業、リサイクル業と一緒に輸出もと考えた」
株式会社キクヤ(自動車整備・解体業)

藤巻俊和さん(40歳、長野)

インタビュー動画はこちら
これをきっかけに輸出をはじめたいと思った。(会員勉強会)
有限会社フジマキ(SS店・買取・販売・輸出)

○○○○さん(○○歳、○○)

○○○
○○○○(販売整備輸出)

○○○○さん(○○歳、○○)

○○○
○○○○(販売整備輸出)

○○○○さん(○○歳、○○)

○○○
○○○○(販売整備輸出)

↑ PAGE TOP