土岡憲次郎
株式会社アクセル 代表取締役
(自動車販売店は中古車輸出で生き残れ!著者)
 

■略歴
福井県出身、地元の県立高校卒業後、名古屋大学 工学部航空学科入学
3年目にして留年が決まった年に、単身渡米。
米国ミズーリ州Drury University経営学科を卒業


帰国後、上京。
就職難のため1年の浪人期間を 経て、貿易会社(中古車輸出商社)に就職。入社してからその会社が車の貿易会社と 気づく。日本車がすべて同じに見えるような『まっ たくのズブの素人』ながら、図々しさと調子の良さだけで3ヶ月目よりトップセールスマン。勤務期間中は トップの座を譲らず。


1996年 退社、有限会社アクセル設立、代表取締役に就任。
仕入先も販売先も何も無い現実に途方に暮れるも、 飛び込みでの仕入先開拓から始め、その辺の外人に押し売り営業というスタイルを確立。実質11ヶ月で600 台販売、総売上1億8000万円。この11ヶ月全くのひとり。


2年目より事務所を構え社員を雇う。3年で年商 3億強(スタッフ3,4名)の中堅の輸出会社へと成長させる。新しもの好きが裏目に出て車で稼いだ資金を ウェブを初めとした数々の事業に投資、ことごと く失敗。原点の車ビジネスに戻る。本業のかたわら2年の準備期間を経て独自のノウハウ をまとめる。 「楽しく儲ける中古車ビジネス・中古車輸出ビジネス」の普及を目指すべく セミナー講演活動に努める。現在、新しい形の輸出モデルとして「輸出いちば」の普 及に注力する。



■実績
初心者向けプチセミナー(東京新宿、汐留、大阪梅田、名古屋、博多など全国で 21回開催)


FC加盟店向けの研修(横浜、埼玉にて22回開催)

中古車輸出ビジネスセミナー(東京新宿、横浜にて5回開催)




2005-2008年セミナー研修合計45回
2009-2010年セミナー研修合計51回
業者向け輸出攻略セミナー2/26山形2/27仙台2/28福島3/6千葉3/12和歌山3/13徳島3/25静岡3/26浜松3/27津4/9金沢4/10富山4/11新潟6/2小倉6/3広島6/17いわき6/18水戸6/19千葉
一般向け輸出攻略セミナー5/23名古屋6/1福岡(出版記念)12/12東京1/16大阪6/1大阪6/2名古屋6/3東京
その他2010年未来戦略会議5/13-14ネット集客6/29大阪7/1東京、100円集客7/6東京7/13大阪、Mac講座7/26輸出屋道場6/12〜全6回(東京5回大阪1回査定研修横浜6回)



代表著書
弊社が取り上げられた書籍1
弊社が取り上げられた書籍2



自動車販売店は
中古車輸出で生き残れ!
(エル書房)

ベンチャー昇竜伝
(東京中日スポーツ)

小さな会社のキャラクター
戦略(PHPビジネス選書)




■座右の銘
"Don't Worry, Be Happy"



■略歴
福井県出身
福井県立高志高等学校卒業
名古屋大学工学部航空学科入学
米国ミズーリ州Drury University経営学科卒業


■実績
中古車業界・中古車輸出業界歴 1994年より19年
累計販売台数 1万台以上
研修、セミナー実績 300名以上






ご挨拶


「初心者向け 輸出セミナーについて」


 はじめまして土岡です。

 一般にはあまり知られてませんが、今車の輸出は伸びてます。オークション会場に行っても実際に落札しているのは、国内販売大手ではありません。パキスタン人たち輸出ブローカーたちです。
今後中古車ビジネスで凌いでいくには、「輸出」というキーワードは外せないでしょう。

 「中古車輸出ビジネス」というと、大変敷居が高く難しいものだと思う方が多いです。決して簡単とはいいませんが、基本的な仕組み、コツさえわかれば皆さま が考えるほど難しいものではありません。

 じっさい私は何人もの方が新規参入して、成功しているのをみています。また、とてもやりがいがあり、事業としても 魅力あるビジネスだと思っております。このセミナーでは私たち自身の経験を踏まえ、あなたがこのビジネスを始めて、いかに成功するかのポイントをすべてお 伝えしま す。

 本業で20年近い輸出実績がある会社が、セミナーを行っているところはほとんどないと思います。私達は10年前より教材、研修、勉強会、などの実績も作ってきました。そういう意味でも、 輸出ノウハウ提供に関しては第一人者であると自負しています。

 私自身いろいろな方にお会いするのが楽しみで、少人数ながらこのセミナーをやっています。このセミナーを機会に貴方がこのビジネスに参入して、ご成功されることを心より期待しております。それではセミナーでお会いしましょう。



 講師 土岡 憲次郎





株式会社アクセル
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町12-8-902